スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異邦人、ついに再開

もう、一年もとどこおっていた「異邦人たち」の連載を再開しました。
異邦人たち 第33話「恐怖」。コミホリサイトで公開しています。
これまでのバックナンバーはこちら

・・・・が!
なんかもう、正直言って、このサイトに人が来てくれていると思えませんけどねえ orz
いや、サイトの復活についての話はあとでまた。

*

異邦人たちの、今回の内容について。

なんかもう難産です。

自分の中では10年前に成立してしまった話なのですが、いざ、形にしてみると。
伝わりにくい。
動機と心理が伝わり・・・づらい。
しかし、話の展開として、キャラクタの「内面」を描かないとどうにもならない状況に来てしまっています。
ここが伝わらないと、話が成立しないのです。でも、語り口を失敗していると、独りよがりになってしまうのが内面描写。
「敵対関係」って書きやすいんですけど、その先って、・・・説明しにくい。
一言で説明しにくいから、この物語を書き始めたはずなのに!
今までつきあってくれたお客さんにクエスチョンマークを突きつけられて、愛想つかされないか、非情にハラハラする次第です。

ごめんなさい

無事これ名馬といいますが、
・・・・・またしても、「異邦人たち」ひと月遅れます。
もう、なんかこう。
全然さっぱりです。
ホント申し訳ない。

この歳になると、趣味に時間割くなどできなくなるということなのか。
せつない。
もうしわけない。

解く・捌く

賢い人は、問題を解こうとする
でも、問題というのは、捌くことができるだけで、解かれることは滅多にない。

解くことのできた問題というのは、まことの名を暴かれたモンスターのようなもので、同じ名前を覚えてさえ居れば、何度でも縛ることができる。
一方、捌かれた問題というのは、その場を立ち去っただけなので、同じ人間の前に、あるいは別の人間の前に、何度でも再び現れる。その度、何度でも捌き直さなければならない。

本当のところ、解くことのできる問題なんて、そうはない。捌いて追い返して少しの時間を稼ぐ。その繰り返しで、時間切れを待って問題をうやむやにしているだけだ。
だけど、解くことができないというのは、べつに悪いことではない。僕らは量産型の兵士なのだから、捌き続けるそのことは、生きていることの意味にも成りうる。解かれてしまった問題の前に佇んでいるだけならば、死人とあまりかわらない。

再起動

今週末の記録。月曜日に久々の年休
ビデオやWebでBGVみながら、マンガ描きの作業
・キャプテンアメリカ
・Xメンファーストジェネレーション
 無難な内容。だが、嫁さんに「顔がわくわくしている」と言われた。
 僕はやはりこういうのが好きなんだなあ。 

・マル激:本多雅人氏(真宗大谷派蓮光寺住職)
 マル激で久々の当たりだと感じたお話。
 数年間いろいろ背伸びをしすぎた。「僕」自身を再構築する必要がある。

・岡田斗司夫のひとり夜話「ノート術」
 これを見て、日記再起動しなきゃと思う。とりあえず記述を始める。

作業:
3Tohei's Web Logの引っ越し中。

脱Web引きこもり

しばらく、Webの世界から、引きこもっていた。

現実世界から引きこもりになるとWebの世界の活動が活発になるのだが、現実世界の仕事が込み合ってくるとWebの世界から引きこもるはめになる。
何とも大変な時代だ。

しかし、僕より遥かに忙しい師匠の先生は、facebookだかtwitterだかを使いこなして社交活動をしている。
してみると、webと現実の両立ができないのは、僕が基本的属性として引きこもりだから、かなあ。

なんにせよ、web活動を再開しなければ。
とりあえず、COOL ONLINEの情報をコピーしてくる準備中。
プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。