スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってこいウルトラマンの5つの誓い

皆様「帰ってきたウルトラマン」という名作をご存知でしょうか。
ガイNックスのオマージュ作品じゃありません。オリジナルの、あの作品です。

ウルトラセブンのあと、円谷プロが2年間のブランクを経て1971年に送り出したウルトラシリーズ第三作の、あの作品です。。

当初、ウルトラマンがそのまま帰ってくる設定の予定が、おもちゃメーカーからの圧力によって急遽デザイン修正を余儀なくされて二本線になった、あの作品です。

当時の仮面ライダーからの視聴率競争をモロに受けて、ウルトラシリーズにもトランポリンを導入するきっかけとなった、あの作品です。

地味なドラマ展開が、怪獣プロレスを期待していた子供たちにイマイチ受けず、パワー重視のウルトラマン図鑑では、最弱のレッテルを貼られているあの作品です。

バタ臭い顔に定評のある団次郎(現:団時郎)が、郷秀樹というエゴに歪んだ自意識過剰ヒーロー像を見事に演じ、幼い日のA野監督に鮮烈なトラウマを与え、ひいてはEバンゲリオンを生み出す根源となった、あの作品です。
return00.jpg

この作品の最終回、ウルトラの星に帰る主人公は、自分を慕う少年に「ウルトラ5つの誓い」という訓示を授けていきます。
涙なくして語れない名シーンです。
数万年という自分の寿命からすれば、瞬くような間に生涯を終えてしまう儚い異性人の子供。
この二度と会えない少年に、ウルトラマンの精神を譲り渡すようなものようなものだったのでしょう。
あなたなら、彼にどんな言葉を残しますか?
郷秀樹はこの「ウルトラ5つの誓い」を残しました。

ひとつ、腹ペコのまま学校に行かないこと
ひとつ、天気のいい日には布団を干すこと
ひとつ、道に出るときには車に気をつけること
ひとつ、他人の力を頼りにしないこと
ひとつ、土の上をはだしで走り回って遊ぶこと



郷秀樹、かなり独自のマイルールを設定していることが見て取れます。
硬いお役所のはずのMATでもこんなポリシーで生きてきたのでしょう。
そりゃあ、組織では孤立もするわな。
私もわがままに生きているので、人のこといえませんが。
まあ、文化なんてそれぞれです。こういうことが大事なんでしょう、あの星では。
このルールを守って大きくなっていけば、立派な郷さんになれるのでしょう。
・・・まあ、地球の基準でも「立派な大人」になれるかどうかは、定かではありませんが。


私も、齢30を目前に控え,自分の人生を振り返って、
おれの人生は間違って無かったのかなあ、とか、不安になったりするわけです。
で、思いましたのは
地球人のせかせかこまごました基準で自分を計っているんじゃだめだ,と。
ウルトラの星の基準に照らし合わせて、今の人生を再評価してみよう、と。
長島監督チックに言うと、
しんく、いっと、ぐろーばる。
しんく、いっと、こすもぽりたん。


■■■■朝はらぺこのまま学校に行かないこと■■■■
○ 
いきなり郷秀樹ワールドの暴走です。
まあ、寿命が数万年ある宇宙人が、地球にやってきて三分間しか活動できない、というもどかしさに悩んでいたのでしょう。
彼ら、めっちゃハングリーだったに違いありません。
減量に失敗した力石徹みたいなもんで、試合前から死にかけ状態。それは、空腹に対して、人一倍敏感にもなるわな。
return02.jpg
さて、私も、…ちゃんと出社前に腹ごしらえを行っております。
といっても朝が早いわけじゃなくて会社に行く途中で買い食い。
フレックス勤務から裁量勤務に変わって、すっかり遅刻の概念が無い人生に。
なんかもう戻れないっつーか、取り返しがきかないっつーか。いやいやもうほら。

■■■■天気のいい日に布団を干すこと■■■■
× 
してません。ヤバイです。たしかに
一人身の人間には大事な教訓だなあ。
 
ウルトラの星でも、きっと太陽エネルギ吸収のために、
ウルトラのおばさまがたが超高層ビルで布団をたたいているのでしょう。
return03.jpg

■■■■道に出るときには車に気をつけること■■■■
× 
注意力の無い私は、こういう点だめです。人生これ自己惹起者。
時々生きていける自身が無くなるくらいに駄目です。
まじでまじで。自分が信用できないので免許も取ってません。

でも帰ってきたウルトラマンも、タロウに続いて失敗の多いキャラクターだったんだし。きっと自戒なんだよね。これは。そう考えることにします。はい。

そういえば、「HERO研究室」というサイトでヒーローの交通事故という特集がなされていました。
  (第五回 ヒーローと人身事故
  めちゃくちゃ笑いました。必見です。

■■■■他人の力を頼りにしないこと■■■■
○ 
してません。
つうか、なりませんし、できません。ええ、そりゃあもう。
・・・こういう唯我独尊的な歪み方が新マンだな、私も。

ちなみに、帰ってきたウルトラマンは、仕事の遂行に
兄弟の力を頼りにすることを始めて提唱したウルトラマンです。

新マン18話「ウルトラセブン参上!」は、ウルトラ兄弟というコンセプトが誕生した有名なエピソードです。

宇宙怪獣ベムスターに勝てなくて、敵前逃亡し、鬱の発作を起こした新マンは、ひとりごといいながら気分転換に宇宙散歩をします。
・・・ま、ようするに職場放棄なんですけどね。
ええ、まあ、よくありますよ。私の職場でも一人逃亡した方がいます。

で、その独り言も
「太陽、お前の地球が大事なら、私に力を貸してくれ・・・」
って、えらい他力本願かつ命令形です。しかも相手は非生物。

その挙句に、ほとんど自殺的に太陽の引力圏に近づきすぎます。
途中で謎の声がして、「それ以上太陽に近づくとあぶないぞ」って警告してくれるのですが、テレビの前の少年がハラハラすることに、新マンはコースを変更しません。理由は不明。

で、無様に手足をばたばたさせて、太陽に落っこちます。なんのひねりも無くやばいことになります。何気に焼け死ぬところに、セブンのテーマが鳴り響きます。
唐突に現れたセブンに救けてもらうわけです。
おまけに変なブーメランのお土産までもらっちゃう。有名なエピソードです。なぜか二人ともブレスレットだと言い張ってますが。
これ以降、どんな武器にも変化する秘密兵器=ウルトラブレスレットという、番組のビジュアル面でのテコ入れが行われます。小さいころ読んだウルトラ兄弟技比べ図鑑では、新マンはブレスレットに頼りすぎてダメだ、とか長男のゾフィーに怒られてましたねえ・・・。

・・正直言って、シリーズ中最大のピンチは、このうっかり事故なのでは、という気がする。
セブンがたまたま遊びにきてなかったら、このシリーズこれで終わりだぞ。
つうか、セブンは新マンを抱えあげて引力圏から脱出してました。セブンは全然余裕なんですね、この程度の引力圏。それでいいのか、新マン。

まあセブンは自身で一度、地球で過労死しかけてますからね
(セブン最終回参照)
業務の辛さに対して理解のある先輩になったということでしょう。

ちなみに、異星人のウルトラマンレオに対しては、
めっちゃ理不尽な鬼教官
を演じてます。

身内に甘く、他人に厳しい漢、ウルトラセブン。なかなか素敵兄貴だ。


■■■■土の上をはだしで走り回って遊ぶこと■■■■
× 
なんか、ある意味、今の私にはこの教訓が一番衝撃です。
私の人生にこういう要素が足りなかったのが致命的だったのかもしれない、と今になると思います。はい。さすが郷さんだ。すごいよ。

ちなみに、ウルトラマンってはだしなんですかね。
年中ストーリーキング状態?
・・・地球でなんかにめざめちゃったのかもしれない。
きっと地球の町並みを踏み潰す素足の感触がよほど楽しかったんだろうなあ。

return04.jpg

■■■■

トータルに見て、私のウルトラ誓い度は40点であることが判明しました。
私の人生、まだまだ駄目だ。もっと精進して土の上ではだしで遊びます。
きこえるかい?郷さん?

きみーにも、みえーる、うーるとらのーほーしー
とおーく、はなーれて、ちーきゅうにひーとーりー

参考 
帰ってきたウルトラマンあれこれ
http://homepage2.nifty.com/kiyokuni/sin%20man.htm
http://www.bekkoame.ne.jp/ha/toutushou/ReturnUltra14.html
http://www3.justnet.ne.jp/~a_matsu/ul-jack.HTM
http://members.aol.com/hajikeda2/p11.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。