スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ComicWorksテスト

ComicWorksというソフトを衝動買い。
というのも、最近Painerの調子が悪くって・・・

酒が入っているので、いつもよりも余計に荒いですが、落書き↑。
結構使い勝手がよいので、白黒マンガはこれでやってみようかなあ、と思ってます。
つうか、マンガの続きを出さなきゃ。一月にいっぺんのつもりで3ヶ月目。自己嫌悪

で、ComicWorksですが、・・・
「自分で作るとしたら、これは必須」
と思っていたところはほとんどすべてクリアしている。
後発で追いかけるだけあっていいソフトだ、と感嘆。

・Painterの用紙回転機能 
   (Photoshopにはない!)
・Photoshopのレイア全部まとめて左右反転
   (↑Painterには無い!裏返さないとデッサンが崩れる私には必須!)
・集中線、定規
  (この定規機能欲しかったんだ・・・)
・白黒に絞って軽量化
  (意見分かれそうですが、私もプログラムするならこのくらいしただろう、と。
   正直言ってフルカラーでPhotoshop,Painterの処理速度に追いつくのは
   私レベルのプログラミング能力ではちと困難だ・・・)
・Xで使用色反転、などPhotoshopとPainterのショートカットを受け継いでいる
  (いい感じにちゃんぽん。上記2つのソフトに慣れていると大体ヤマ感で操作できる。)
・線補正の切り替えができる
  (あんまり勝手に線を直されると腹立ってくるので・・・)
などなどが、私の感じる長所。
あともちろん、ペンも軽いので、描画速度に結構ついてくるってのが最大のポイント
(hotoshopだと、ゆっくりドラッグしないとカクカクの線になる・・・)
これでこの価格はお買い得だなあ。いい仕事してますねえ。
自分でいちからソフト組む必要はほとんどなくなってしまった・・・。

マンガ専用ソフトとしては、ベクトル系の某ソフトが有名ですが、
(私もためしにそっちも購入してみたのですが) Painterになれた私には
こっちのほうが使いやすいと感じます、ハイ。

短所としては、基本機能を2値白黒に絞ってしまったので、
他のソフトとの連携がイマイチ、というところか。
あと、使い慣れたためもあって、トーンの使い勝手はPowerToneの方が若干上か。
トーンはPhotoshopで張りたい気もする。細かい処理もあるし。
そういうときにグレースケール化で劣化してしまうと面倒だろうなあ。
 (注意:ここで言う「劣化」は600dpiの二値画像を300dpiグレーに変換した場合、のこと。 まあ、線のエッジの精度を考えると600dpiのままで作業するのが正しい気もする・・・。)
まあ、でもしょうがないんだろうなあ・・・。1万円以下だし。
(奮発して上級セットを買ってトーンの様子を見るべきなのですか?)

あとSDKとか、プラグインとかのフォーマットを公開してくれたら、
不満な部分はこっちで作って足しますぜ、とかつぶやいてみる。

あとちょっと文字の処理が不安、ですが
まあ、あとは実際にマンガ描いて見なきゃわかんねえな、きっと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。