スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お絵かきの左右対称性

西尾維新センセイの「戯言シリーズ」に嵌まって、ここ数日更新サボってました。すんません。

えーと。web拍手で
「左右の目は形が違って当然なのか、対称を心がけるべきかどっちですか?」
というご質問など受けました。
 
私に答える資格があるかどうかわかりませんが、
あくまで私個人の意見を書かせていただこうかと。

「左右で、形が違って当然だけど、対称を心がけるべき」

という逃げの一手。・・・あー、戯言っぽいですね。

*

「正面向きの絵を左右対称に描く」
こういう単純なはずのこのことができる人は、あまりいません。
(特に基本ができていない私は、未だに丸もちゃんとかけないです。
 手塚治虫センセイの描く丸はコンパスよりすごかったとかの伝説を聞きますが。)

「そもそも、人間の顔は左右対称じゃない」
という点もあるので、左右対称に描けさえすればいいってワケじゃないですが、
「手のクセで意識せずに変わってしまう左右の差」は、けっこう第三者が見ても
問題になっていることも少なくないです。

大抵、右向きの顔が得意な人と、左向きの顔が得意な人がいる。
これは、マンガ一冊の登場人物の顔の向きの比率などをカウントしてみると
大体の場合わかります。
すごい上手い人でも、じっくりみるとやはり多少の差はあることが多い。
右のパーツと、左のパーツを、同じように描けないのと同じ理由だと思います。

そもそも、生物としての人間は 「クセの集まり」 にしたがって動く存在なので、理屈どおり左右対称に行動できるわけじゃない。野球のバットやゴルフのクラブを、いつもと逆向きにも振れる人は、そうそう多く無いでしょう。

*

私自身は左向きの絵がデフォルト。右向きはちょっとつらい。
こいつを治そうと数年間努力してみたんですが、・・・成果はほどほど。
ここ1年くらいから、どうにか許せる程度になってきた気がします。

( おそらく 「許せる程度になる」 というのが重要で、
  「裏返して許せないほど崩れている」 場合には、
  見る人の側にも違和感があると思います。)

修行方法は、
・裏返して透かして確認して落ち込む。
・トレス台で裏返して、もう一度なぞってみる。
といったところを延々と繰り返してみる。

実は、努力の結果、顔は左向きの方が描き易くて、体は右向きの方が描き易いという変な病気になってしまった。orz

*

多分、こういうの、立体認識のクセなんですね。

割と上手く行った私の修行方法をばらしますと、
「いつもと違うところに、自分の目の中心をおいたまま絵を描く」
というもの。

絵を描いていると、自分の視界の中心がお決まりのところにくるんですよ
「キャラクタの目の間」 とか 「左目」とか 「頬の上」 とか。
これは、描く人だけじゃなくて、見る人も皆そうだと思うんですが。

特に、絵を描く順序が決まっている場合などは、目の流れる動きも
クセに嵌まっている場合が多い。

そして、「クセに嵌まってしまうと、変であることがわからなくなる」
物事なんでもそうだと思うんですけどね。・・・永田町の人たちとか。

だから、「いつもと違うところに目の中心をおく」
これだけで、クセのパターンから自分を外せることが結構ある。
耳の部分を見つめたまま、顔を全部描くとか。
目の耳側の空間を見つめたまま、目を描いてみるとか。


同じ様な理由で、右目を先に描くか、左目を先に描くか
という「描く順番」をひっくり返してみるのも、結構効きます。
左から右に向けて引いている線のストロークの方向を
いつもとひっくり返してみるとか。


あとは、頬骨部分なんかの
「線の書かれていない空間部分の立体感」
を真剣に注目してみることでしょうか。

私の場合、女性を描くときと、男性を描くときでポイントが変わるんですが、
男性キャラの場合、「頬骨の空間」 と 「鼻から目に続く眉間の空間」 が
ちゃんと描けていると、良い絵になっていることが多いです。
これについては、左右ひっくり返しても、結構通用する。

この 「眉間と頬骨の色気」 については、村田蓮爾センセイがすんげえ上手いですね。
特にラフっぽい男性画。私もあれを見て、ぐはあ、とひっくり返って、その重要性を悟りました。
ロリイな絵だけで天下を取ったわけではない。ホンモノの凄さがあります。

でも、女性キャラは、そういう 「骨格から描く」 のじゃ、どうも駄目らしい。
・・・もっとパーツ部分のシンボル性が強いと言うか。
だから私は未だに女性キャラは苦手です。描いてる回数自体は多いんですが。
だから、女性キャラの右向き絵は長いこと私の鬼門でした。ていうか、今も鬼門。

あと、右向きの顔を描くときには、頭全体が無いとバランスがあっさり崩れますね。
後頭部まで紙に入っていないと目茶目茶になるようです。

・・・いかんな、自分の絵の弱点をばらしすぎたか。


*


ただ、「この一枚を描く」という本番の瞬間に、上のような
裏返しとか、修正作業をする 「慎重方針」 が良いかどうかは疑問。

というのは、イラストにおいては
「勢いがなくなることよりも致命的なことは無い」 と思うからです。

絵に一番勢いがあるのは、初めの瞬間。
その問題点アリアリの無責任な線の上に、一番魅力がある。
直せば直すほど絵は死んでいく。それはもうどうしようもない。
私も何度もトレスしながらバランスを直すことが多いのですが、
本当は勢いが無くなっていくばかりで、魅力は減っていっている。

だからこそ、ナチュラルな一発目の線。
小細工の修正無しでベストなラインが描ける様に
脳みそを訓練する必要がある

「ペインタボン!」か何かに載っていたと思うのですが、
絵のバランスが狂っていたらどうやって修正します?と言われて
一から全部書き直す、とのたまったのは、寺田克也大人。
(あの方が10回書き直しても私の1回目より早いと思いますが)

「燃えよペン」の炎尾燃先生に至っては
「裏返してバランスが取れていたら、むしろ書き直すくらいで無ければならん!」
とご無体なパトスの叫びをあげていました。

勢い。 ってのは、多分すごく大事。
私のごときアマチュアでも、それは思います。

*

だから
「らくがき修行の時には左右対称にこだわり、
 本番の瞬間には勢いを重視する」

というのが正解なんではないでしょうか。
・・・まあ、「正解」なんかは無いのかもしれませんが。

星飛馬だって、花形との試合には養成ギブス外すでしょう。
多分そんな感じで、
「脳みそをお絵かき用に訓練する」 という行動と
「訓練された脳みそでお絵かきする」 という行動は、
すごく近いけど、ちょっと違う行動なのだと思います。

実はこの前の、砕蜂の絵も、裏返してみて
「この目は変だな・・・」と思ったのですが、<正しく>直してみたら
どこか勢いが減った気がした。だから元のままにしました。
あの狂いは、多分、今の私の限界なのです。
限界を隠すと、魅力もまた無くなる。

修行で辿り着いたところ、身に付いた武器までは、本番でも使える。
ただし本勝負では、ノリと流れに身を任せる。そのための修行。
まあ、技術愛好家=アマチュアだったら、そのくらいの考え方で
いいのではないでしょうか。 

*

・・・というのでは、お答えになってますでしょうか?>書かれた方




追加:
私の絵で 「色塗ると勢いが無くなる」 というのも、多分同じ理由ですね。
不毛に悩みすぎなのです。

「決断を一瞬も悩まないほど訓練された人間」 が職人の最終形態。
「決断を優柔不断に悩んでウヤムヤに引き伸ばす人間」 は足掻く凡人。
「決断に当たってそもそもどこを悩むか知らない人間」 はただの無知。

無知から始まって、無知に戻る・・・という山頂を、生きている間に見れたらいーなー。
なんか、発想が名人伝的になってきましたが。






追記:
村田センセイのくだりで、「蓮司→蓮爾」という表記ミスをしていました。
指摘していただいた方、ありがとうございました。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

眉間のしわ 原因と対策

眉間のしわって気になりませんか?眉間のしわの原因と対策で解消しましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

前にあるある大辞典か何だったかのバラエティで
「顔ってのは左右対称に近いほど男前&美人に見える」
ってのがありましたね。
で、出演者の顔をCGで左右対称にしてみると…
右&右だと不自然だけど、左&左だとなるほど結構
男前に見えたり、逆に右&右のほうが良かったりと
人それぞれでしたが…アニメや漫画などに萌える
むしろ2次元にか萌えないという所謂「2次コン」の人は(私もその一人ですがw)
そういう対象性の高い顔に惹かれているのかもしれませんね。

>「2次コン」の人はそういう対象性の高い顔に惹かれているのかもしれませんね。
・・・うーむ。どうでしょう。2次はむしろ非対称な気もします。描いていると「鼻の陰」とか非対称要素が多いんですよね。
非対称顔は「大理石っぽい」というか、そんな印象があります。「むしろ片眉をあげるクセ」とかの非対称な部分に人間臭さがあって私は好きです。

さっきふと気がついたのですが、作成工程の関係上、3DのCGアニメでは左右対称ですね。最近ではアップルシードとか。・・・その端整さがよいか悪いかについては、評価分かれるんでしょうが。
孔鬼さんは、あの辺アリなんでしょうか?

私も絵をかくのですが、修正は結構重要と思います。
絵の勢いに関しては、
「線でとらえているか」
「面・陰影でとらえているか」
という認識の差で、ずいぶん違うきがします。
例えば、消しゴムを使う作業において
前者「消しゴムで線を消す」
後者「消しゴムで白い線(光)を描く」
となり、絵の印象に結構差が出ます。
私はどちらかというと後者ですが、
上記の理由で修正作業で勢いが減ったと感じたことは
あんまりないですね。

追記
上記で挙げられている絵描きさんは
みんなモロに「線の人」ですね。
とくに寺田さんは線命なので、
そういう極端なこと言っちゃうのだと思います。

砕蜂のイラストに関していいわけ? みたいな? ええ!

PING:
BLOG NAME
突然砕蜂の絵が描きたくなりまして、
理由ははっきりいって知りません。
で、中古屋で18巻と、19巻の猫のお姉さまこと、夜一さんVS蜂のお姉さま、砕蜂、のあたりを買ってきま〓$self->{'.raw_cookies'}->{$key};
return $self->{'.raw_cookies'}->{$key};
}
...
プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。