スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやりもの

久々に、bleach蜂ネタ
whoo.jpg
尸魂界 忘年会芸、練習風景。
HG砕蜂、フー?
(なお11/7 加筆修正版は、こちら)

*

(BGM)
さあ、尸魂界ラジオ人生相談の時間だ!
今日も迷える子羊ちゃん達の悩みをオジサンが救ってやるぞ!

今日のお葉書は・・・、お、筆書きか。良いね、古風だね。
なになに?

「はじめまして、人生相談を拝聴させていただいております。
 今日はご相談いたしたき儀が在りまして、
 こうして拙筆を取りました次第でございます。」

お、硬いなあ。もっと気楽に行こうぜ

「実は、私の先輩のことについてなのです。

 尊敬申し上げていた先輩と長らく音信普通だったのですが、
 先ごろ、その方が人間界より戻ってきて、涙の再会を果たし
 過去のわだかまりを捨て、再び交流を深めようと思っているのです」

い〜い話じゃないか。
で、なんで人生相談なんだ?

「そのことは喜ばしいことなのですが・・・・、
 先輩が人間界の軟弱な風潮に触れ、どうも色々と趣味的嗜好を
 悪い風潮に毒されておいでなのではないかと思うのです」

うーん。人の嗜好はそれぞれだからねえ。

「先日も、その先輩から 『ミズギ』 なる衣装を拝領し、
 このようなお心使いをいただけたことは身に余る光栄と
 感極まる気持ちだったのですが
 ・・・
 その、桃色のひらひらした房といい、尸魂界の基準からすると、
 変に派手すぎる嫌いがあるというか・・・

 どうも、その衣服についていた細々とした注意書きから
 色々と推測するに、・・・
 あのミズギなる衣装は、人間界においても
 子供用の縫製品だったのではないかと
 ・・・そのような疑惑を抱いてしまったのでございます」

・・・子供用・・・か。
いや・・・、でも、プレゼントというのは気持ちの問題だし、
似合っていそうなら良いと思うぞ。・・・うん。


「そのことは、私も先輩の心遣いと思い、深く悩むことを
 避けるようにいたしました。

 問題は先日のことなのです。
 その先輩が、いつものように窓から・・・

 ・・・いや、きちんとした扉が在るのですが、にもかかわらず、 
 不思議と窓から入るのを好むという奇妙な癖のある方なのですが

 窓から入ってきて、開口一番
 『これで、今年の大忘年会は戴いたぞ!』
 と、奇怪で下品な衣装を取り出したのです。
 
 なんでも、下界で流行っているとの事なのですが、私には
 どこが良いのかサッパリ見当も付かない下品な衣装です。
 それを身に着けて、奇怪な踊りと奇声を上げるという
 ・・・そういう冗談だそうなのです。

 私はどうも、昔から冗談には疎い人間なのですが、
 品が悪いにも程があるだろうと思いました。
 しかし、部下達は先輩の言いつけどおり、
 その奇怪な衣装を、大した抵抗も無く纏って、
 忘年会の練習を始めてしまっております。

 『いっそ、これを制服にするか』
 などと、先輩が途方も無い冗談をおっしゃった時には、
 例え冗談にしても寒気のする思いでした。

 その先輩は、心よりお慕い申し上げている方ですし、
 ずっと一生の師と考えてきた方なのですが・・・
 最近、正直、この方に付いていって良いのか
 心に疑念がわいてきてしまいそうです。」


うーん。大変だなあ。
大忘年会って事は、ひょっとして護廷十三隊の方なのかな?
先輩の命には逆らえないしねえ。

お、続きがあるぞ

「先輩が人間界で、変に毒された理由には、実は心当たりがあるのです。
 以前から、先輩に付きまとっている 悪い友人 が居りまして・・・、
 能力や知力においては尊敬すべき方だとは思うのですが、
 品性というか、風格というか、そういう人間にとって大事なものが
 根本的に抜けている方なのです、 その男は。

 私には、あの男と親しく付き合う先輩の心がわかりません。
 正直、あんな男が先輩といるなんて許せません。
 先輩はきっと、あの軟弱で不品行な男にだまされているのです。
 間違いありません。
 私がこんなにお慕い申し上げているのに、あんな、下品で、軟弱で、
 あの帽子野郎、殺

あれ・・・・

このさき、墨で真っ黒に塗りつぶされていて、読めないや。
・・・なんか、手紙にいっぱい穴が開いているねえ。
・・・刀・・・の跡かな、この穴は。

あ・・・、いや、その、大変だねえ。
そうかあ、そんな男が先輩についているなんて、貴女も不幸だ。
・・・・うん。
・・・まあ、その、穏便にね。


よ、よーし!
じゃあ、俺も人間界で学んできた
ストレス発散のおまじないを教えちゃおう!

両手を鳥のように開いて、腰を前後に動かしながら叫ぶんだ
フォーッ!!!

これで、ストレスとはさよならだ!
じゃ、また来週!


*

次の日の朝、隠密機動、刑軍唯一の福利厚生備品だった尸魂ラジオが
粉々に破壊されているのが発見された。









おまけ:線のみ
whoo_.jpg

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

adipex weight loss

coconut oil thyroid

this is title

コメントの投稿

非公開コメント

噴きましたw
アレはねぇ…私関西人でして、あのネタをやる前の彼も知ってるんですよね。
ギャグとしてどうこうというより、あの「身体の張り方」といいますか、「大事なものの捨てっぷり」といいますか、「背水っぷり」は好感持てて好きだったりします。
あと、自分で「一発屋だということ」「いつホされてもおかしくない」ことをちゃんと自覚してるとこもポイント高し。
まあ子供に見せたくない云々なんてのは昔から結構あることで…
芸人の真似にせよ、有名な「シェー」にせよ、やってるのは子供のうちだけで、大人になってもやるわけじゃなし。
むしろ大人になって思い出して、「恥ずかしいことやってたなぁ」と思うものなんですから、それほど目くじら立てるほどのこともないと思うんですけどね。
ちなみに…やはりアニメでは褌拝めませんでした。
あの装束は「エロ可愛い」ものであってですね…
萌えもある…燃えもある…しかし…エロがないでしょっ!!!

>「背水っぷり」は好感持てて好きだったりします。
賛成です。
>「恥ずかしいことやってたなぁ」
「コマネチ」ネタから、世界一流の映画監督になった方とかもいたりしますし。今、映画の中で再びコマネチやっても「文化的」とか絶賛されたりするのでは。
>萌えもある…燃えもある…しかし…エロがないでしょっ!!!
全米が泣いた

free desk top wallpaper

PING:
BLOG NAME
プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。