スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農耕と狩猟のハイブリッド民族

先日のBLOG「拾い物は奴のもの・・・」について、追加と修正

のまねこ問題とかの揉め事ってのが
根っこの部分では、
狩猟民族(モヒカン族)=2ちゃんねら
と農耕民族(ムラ社会)=営利企業との
立場間の争いなんじゃなかろうかと書いたのですが、
一晩寝て修正すべき点が出てきたので、追加記事しました。



2ちゃんねるが、モヒカン型=狩猟型 の共有地=狩場である
という部分について。

アメリカインディアンと開拓者の例を見ると、
狩猟民族ってのは「開拓者」には寛大で、「農民」には冷たい。

というのは、
「狩場」は、仲間か侵入者かを問わず、求めるものには開かれるべき
場所であるので、生活苦の開拓者が入ることを咎めることは無い。
あとは、獲物を捕れるかの「狩の実力」だけが問われる。

一方で、農民は「囲い」を作って自分の「私有」地を宣言して
その中での一切の権利を主張し始める。


狩猟民族は、
「耕す」という行為、つまり
「土地に手をかける労苦=その成果の所有権を主張」
という行為を理解しないので、
農民が囲いを作ること自体が、分け合うべき共有の狩場に対する
神聖冒涜行為にしか見えない。
(事実、その生態系の観点から見れば、紛れも無い神聖冒涜)

したがって、
「2ちゃんねるでのパクリやパロディにオリジナルへのリスペクトはあるか? 」
での主張されていたような、

「オリジナルへのリスペクト」の有無の問題 
 (=農耕民族の流儀に対する作法)

ではなくて

「共通の狩場を私有地化・独占しようとする」
 (=狩猟民族のタブーを犯す行為)

が、潜在的に狩猟民族であるグループにとっては、「神聖冒涜」級の心理的な反発を呼ぶのであろう、と。

だとすると、独占権を主張しないで、
利益を適度に「共有地」にも還元するというポーズを見せていれば、
結構平和に事が運んだんだろうと思います。
( 注:「わた氏への還元」ではないことに注意。
    「わた氏への還元」という発想は、農耕型=労働者報酬 の考え)
・・・まあ、所詮は仮説ですけどね。
2ちゃんねらの全てが狩猟型というわけでもないですし。




先日の「ディズニー批判本」の引用の下りですが、
あれは
農耕民族(労働者)の立場から、狩猟民族(冒険・略奪者)を非難している
というのが正しい当てはめかたじゃないかという気がしてきました。

ただし通常の狩猟民族の略奪よりも悪質であるのは、
「根こそぎさらって、恒久的に蓄積しようとする」
という点があるから。
ディズニー本でいうと、
「持ち帰って金貨に換える」という部分です。
狩猟民族は、こういう 「恒久的な根こそぎ行為」 にあまり執着しない。

*
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

----*
一方で、農耕民族の生態系が成り立つのは
・ 将来にわたっての安定を求める。
・ だから、蓄積に対するつよい欲求がある。(財=社会的地位)
・ また、「自分の土地」の維持に時間的な手間暇を大いにかける。
・ だから、自分の土地を命がけで守ろうとする。
・ そのために、周囲の住民と強い契約関係を作って、安定化を求める。
・ その一方で、「他人のもの」を欲しがるのは強いタブー。(契約関係の故)
・ その契約関係を固持するために、「同調圧力」を必要とする。
という「強い欲望」と「同調圧力・他人への遠慮」がバランスを保つから。
だからムラ社会では 「コツコツと地位を積み重ね、
それを必死で守る」という発想になりがち。
*

----*
ここで、
「農耕民族の誇大欲望」+「狩猟民族の暴走行動」の
両方を持って動くハイブリッド種族が生まれると、
実は生態系にとっては
かなり不幸な事態になる可能性がある。
例1)
ベンチャー(狩猟型)のような領土拡張政策の後ろに、
投資家(農耕型)の領土維持政策の、両方を併せ持った会社、とか。
例2)
2ちゃんねるの例では、
パクリ上等文化(狩猟型)に、商標登録(農耕型)を、組み合わせた
行動をしてくる場合、とかです。
*
何故不幸かというと、
「他人のものではないので(永久に)俺のもの」
という農耕民族の発想と
「領土関係なく落ちているものは(今だけは)俺のもの」
という狩猟民族の発想が
ミックスされるために
「手に入るものは全て永久に俺のもの」
というジャイアニズムが生まれてしまう。
共有地に対する畏敬の念も、他人のものに対する遠慮の念も、
両方が欠落した暴走型ジャイアンの誕生。
全ての共有地は荒らされるし、全ての弱者は恒久的に奴隷にされる。
要するに混ぜるな危険
それぞれは、生態系を作れる可能性があっても、混ぜたところには
不幸な現象が出てくることがある、ということでしょうか。
・・・だから、どうしたらいいのか、と言われると難しいですね。
混ぜないわけには行かないというのがグローバリゼーションですし。
どっかで、ゲーム理論的なバランスが取れるのだと思うんですが。
http://webclap.simplecgi.com/clap.php?id=3tohei" method="post" target="_blank">





EXCERPT:

KEYWORDS:

>ゲーム理論的なバランスが取れるのだと思うんですが。
ある系が安定した定常解を持つとは限りません。
極限に向かって発散したり発振したりします。
古典制御理論で系が安定化するかどうか鍵を握ってるのは
ダンパーとかディレイとか抵抗成分とかなんですよね。
この例えだと狩人や農民たちそれぞれがせっかちで
行動が早かったり情報伝達が速かったりすると系全体が
より不安定になる気がします。

>行動が早かったり情報伝達が速かったりすると系全体が
より不安定になる気がします。
確かに。
昔々の社会で情報伝達の限界で系の安定が取れていた部分が、最近の社会からはすっぽ抜けてしまっている気はします。「物理距離」と「情報時間のディレイ」がどのくらいまで消えるかですねえ・・・。
でもまあ、現実世界の系なので、少なくとも、今までは計算誤差程度に見えていたファクタが主要項になったくらいのところで安定はするんじゃないかなあ、とは思ってます。
もちろん、安定したところが、良い社会であるなどという楽観論は全然持ってませんが。

forex trading system

PING:
BLOG NAME
http://forex-trading-system.sexoexcite.com">forex trading system lovely and shepherd's-purse, sthickles of disclaimed forex trading system beneath amisisses o
プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。