スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾い物は奴のもの。奴のものも奴のもの。

のまねこ騒動が、ようやく一段楽したみたいで。
一段落ついて、あらためて思うことなど。

タカラの失敗例が既にあったにもかかわらず
何でまたしても、あんな大揉めになったんだろうねえ、
・・・とか思ってボケ―っとネットを見ていましたが、
それが、企業のサガなのかもねえ、と思うのです。


avexがCDにFlash動画つけた辺りまでは、
それほど揉めてはいなかったと思うのですが

・「のまねこ」という別の名前を付けた。
・その商標登録を行おうとした。

というあたりで、反発が生まれた模様。

ネタをやっている立場としては、まきこまれた「わた氏」も可愛そうに・・・
と思うのと同時に、「企業とネタ職人が組む」という将来的な可能性も
随分頓挫したよなあ、と落胆してみたり。

そんなこんなで、色々と思いを馳せる相同だったんですが、
たぶん、この問題の根っこは

 ・「のまねこ」が「モナー」に似ているかどうか

という法律議論の正当性の部分じゃなくて

 ・儲けのために「法律的にちゃんと独占」しておきたい

という企業理論の部分に生理的な反発が生まれたのだろう、
と思ったりしたわけです。

*

でも、私のサラリーマン経験から考えて、
企業組織としては当然そうするだろうなあ、とも思う。

「金を儲けるときには、ヨソから利益を取られないように
 法律でかっちり固めて防御しよう」

企業というのは、そういった対処が
「お約束どおり」「お決まり」の行動ですからねえ。
大方、2ちゃんねらー社員の暴走で始まったプロジェクトに対して
官僚的上司筋から、お決まりどおり行動をするようにと、
業務命令が出たんでしょうけど・・・。
(↑これは勝手な想像です。詳しくは知らん)


そもそも「特許」という物自体、そういうものですからね。
「アイデア」は、初めに「俺のもの」と宣言した奴のもの。
それが特許という発想。

こういう、「オリジナリティと模倣」という観点から
「ARTIFACT@ハテナ系」で
「2ちゃんねるでのパクリやパロディにオリジナルへのリスペクトはあるか? 」として考察されている様子。流石に深いところを付いてくる。

>ただ、こういったオリジナルをも不明にするサンプリング文化なら、
>同じ手法を取られても、不思議はないだろう。
後に残るのは、「リスペクト」という名の感情論の部分だけだろうと。

この文化=サンプリングという関連では、
岡田センセイの「イタダキ・シルクロード」理論などもあります。
>こうとらえると、いかに文化というものがパクリの上になり立っているかがわかる。
>むしろ、パクリによってこそ文化は互いに刺激しあい、より進化するのだろう。
>パクリこそが、創作のあるべき形、原点と言える。

私などは、こういうサンプリングが文化の本質的であるのならば
そのさらに根っこの部分の 「オリジナリティを所有する権利」 に
金銭システムが乗っかってしまっているという現状の社会システム部分に
なんか根本的な矛盾があるんじゃねえか?
・・・という疑いを持ってしまうわけです。
まあ、みんな多かれ少なかれ同じこと思ってるんでしょうが。

*

「故郷だって食べていくのは楽なことじゃなかったけど
 行儀よくしていれば 山の神様 川の神様は
 いつも気前が良かった。
 こっちでは それが全部
 どこかの誰かの・・・人間のものなのだもの
    (無限の住人 17巻 百八幕)」

「無限の住人」のマンガで
凶暴なアイヌ娘が見た「和人の世界」を語る台詞ですが、
・・・まあそんなものなんでしょうねえ。
この和人の世界は。

「既に誰かのもの」 を 「金銭で交換する」
という世界スタイルとしては、

「まだ誰のものでもない落ちているもの」 
全て、真っ先に拾って 「拾ったものは自分のものだ」 と
断固主張しなきゃいけない。
主張したら、その権利を必死で守らなきゃいけない。

どうも、そういうものらしい。



■世界を拾う冒険者■

「ドナルドダックを読む」 という本があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。