スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIGGRAPH報告

東にコミケなる祭りありけり。
倭の国のオタクの祭典と人の言う。
西にしーぐらふなる祭りありけり。
亜米利加の国のオタクの祭典と人の言う。

えー。出張といいながら、何処に出かけていたかと言いますと、実はメリケン人のオタク祭りを視察していたわけでございます。

所はロサンゼルス、ハリウッドのお膝元で、全国からCGオタクを集め、自らのカルマを吐露して、お互いに許しを請いあう、というヘビーな祭典。SIGGRAPH 2005というとこです。

まあ、この学会参加は半分趣味みたいなものなのですが、この夏休み時期なので飛行機は高いし、参加費も高い。自費で行ったら目玉の飛び出るような金がかかります。こんな感じに。

そこで、会社の金でこのお祭りに参加。
えらーく時間をかけて仕込みを入れて、参加できるように手を回しました。いや、小悪党です。ホント。

まあ、だらだらとその感想とか書いておきます。
・・・その感想をプライベートのブログで書くのはどうかとも思うが。まあその辺は気にしないことにしてくれ。


入り口には、こんなんかざってありました。
sig_entrance.jpg
実物大。
これを「学会」と呼ぶかどうかは、アナタの度量しだいと申しますか。

催し物の内容としては、
・新しいCGの技法とか、
・映画のCGのメイキング裏話とか、
わけわかんないインタラクティブの出し物とか。
・あと企業ブースで、怪しいお買い物とか。
・最近はコスプレショーも始めた模様。
こんなん。
sig_geoge.jpg

内容が内容なので、学会と縁の無い人も、ガキ引き連れて見物参加したりします。
地元新聞には折り込みチラシが入っていました。
公式発表によると、毎年数万人が参加してるそうです。
人数的にはコミケに比べればかわいいもんですけどね。

コミケと違って、アメリカンな冷房の入れ方をしているので快適です。
実際のところ、風邪引く人が出てくるくらいに、地球に優しくないです。
馴れた人は長袖シャツ持って行きます。私は持ってくの忘れました。

関連グッズ販売とか、バカ高い参加料とかで
「儲けの出る学会」と見られています。 どんな学会や。
恐ろしやアメリカ資本主義。
一時期はこのお祭りを「村おこし」に使おうとして
あんまり聞いたこと無い地方都市で開催してみたほどだそうです。
そしたら赤字になったので大慌てでロサンゼルスに戻したそうな。
そんな感じの「自称学会」のお祭り。



もともとアメリカの学会と言うのは、
どこもジーンズとポロシャツで発表するような所ばっかりなのですが、この学会は特に酷いです。


シーグラフ名物、ジベタリアン。

渋谷でも、床に寝そべってる奴はそうはいません。

まあ場合によっては、
灰色のヒゲをベルトまで垂らしているような、ガンダルフと見まがうお爺さんが、
Tシャツ半ズボンでリュックサック背負って、
廊下に座り込んでノートPCを叩いたりしているわけです。
でも裸の大将のコスプレかと思って、蹴飛ばしたりしてはいけません。
ひょっとすると、CG研究の世界ではエラーイ学者先生かもしれません。

アメリカでは、半ズボンの爺さんには注意しましょう。

そういや数年前から、
「発表会場では、地べたに座って見てはいけません。
 席に座ってみてください」
というミもフタも無い注意が徹底されるようになったようです。
・・・・ていうか、どこから躾をはじめているのだ
幼稚園で教えておけよ、そういうのは。
と、言いながら、私も地べたに座ってPCとか広げてましたが。
楽なんすよ。


そういや数年前、会食でモヒカンの人を見かけてビビリました。
いや、アメリカ人にありがちな、ちょっと横を剃っているよってレベルじゃなくて
プラスチック並みに真っ青に塗った頭頂部が20センチの高さに逆立っている本格派のモヒカン。
いやあ、いろんなのがいるなあ、と思っていたら、
次の日には、その人エラク立派な研究発表をしてました。
アメリカでは、青いモヒカンも見くびってはいけません。

今年はモヒカン人口が増殖していたような気がします。
コスプレショーなんてもんを始めたせいでしょうか。
それとも規制緩和でしょうか。やるなブッシュ。



話が飛びますが、

今年の見ものは「生ジョージ・ルーカス」が見れるという
本番ショーでした。
私も期待して行ったわけですが。
sig_geoge.jpg
ズーム使っても写ってないし。
なんか、遠くてよくわかんなかったよ。
英語も半分方良くわからんし。日本語のweb記事読んだほうが良くわかったりして。

とりあえずは、ルーカスの咽に脂肪がやたら付いているのが気になりました。
おそらくそこにいた全員。
まんがいち腫瘍だったらたいへんだなあ、とか一部で無責任に噂されていましたが、

私思いますに、
あれはジャバ・ザ・ハットの呪いなのです。
エピソード2にも3にも出してあげなかったから、のろわれているのです。

まあ、くだらないジョークはおいといて、大過ないことを殊勝にお祈りいたしますです。
世界はまだ貴方を必要としています。



あと、日本人はみんな、会場でもやたらと多くて、
しかも「日本人村」みたいなものを形成しておりました。どこまで行っても村社会だよ日本人。

日本人村でのもっぱらの話題は、
N田先生おめでとうございます」と。
あんまり、一般社会ではしられていないかもしれませんが、この人が日本のCG世界でイチバン偉い方の一人なわけです。ハイ。
いや、ホントおめでとうございます。
でも、ルーカス講演の前に長いスピーチをすると、視聴者がじれると思いま・・。
・・・いやいやいや、ホントおめでとうございます。



企業ブースでは、日本の出品は「SHADE」とか、かなあ・・・。あれも買収とか色々とあったわけですけど、まだ日本のソフトウェアでは一番元気なほうか。

大学とかの研究は色々出しているんだけどね。
企業が製品にできてないというか。
ソフトウェアが商売になっていないというか。
・・・うーむ。
そんなわけですから、この国の将来のために、M下さんもジャストシステム苛めて喜んだりしないでくださいよ。

あと、Final Fantasy XIIはデモビデオ出してましたね。
さすがにゲーム系は日本が強いのです。人材も豊富。

でもその分、3Dアニメーションは人材不足になっていて、香港やら韓国やらに、お仕事奪われっぱなしだそうです。
まあ、あんまし3Dアニメは市場で評価されないからなあ・・・。

元気になっているのは代々木アニメーション学院ばかりなり。
この先がビミョーに不安ですな。


そのなかで、ジブリはSoftImageのデモブースなどで、ハウルのメイキング話したりしてました。
100%日本語で。
当然ここにも日本人村できてました。
ジブリ映画の美術設定の本とかは、会場内の割引書店でたくさん売ってました。
「ギブリ、ギブリ」とか呟いて、こっちのメリケン人どもが嬉々として買い込んでいくそうです。
しかし、もののけ以降の映画は3DCGと認めるにしても、
ナウシカのマンガは絶対CG使ってないと思いますが。
正直なんでもありですな、金になるものなら。

まあ、ProductionIGとか、サンライズとか、キッチリやっているところはやっているし。
その辺に期待するしかないということでしょうかねえ。



あー。
講演の発表では、イガラシ先生の二次元人形動かしプログラムとか面白かった。
会場でもウケていた模様。正直言ってこの学会、ウケタもん勝ちというか、
そんなノリ。

HPからダウンロードすると実際に遊べるのですが、JAVAの環境は必須。
警告: あんまし、アプレットのほうを無闇に叩いて、東大のサーバーつぶしたりしてはイケマセンぞ。

まあ、日本のCG学者の中で、
N田先生が山本元柳斎だとするなら、
この方は朽木白哉くらいの格といいましょうか。
まあ頭に半切りのチクワとかは付いていませんけどね。

そういう、世界最高水準の知能と国民の税金を駆使して、
こういった2チャンねらーが喜んで遊びそうなプログラム作ってくれてる
このあたりのセンスは、大文字で
素晴らしい
といわざるを得ないです。

当サイトはイガラシ先生を応援いたしております。
と、ちゆ12歳風に言っておく。



まあ、とりあえず、こんなところ。

帰りの成田空港でBleach18巻を探しているあたりは、マンガ中毒患者ですな。
結局見つからずにジャンプ・マガジン・サンデーを買っただけにとどまりましたが。
大荷物抱えたまま空港直行便バスに乗り込んで、しっかり3冊読み終えました。
隣の座席の人、誰だか知らんが迷惑かけてたらスマソ。

さて、Bleach 18ですが・・・。
それはまたあらためて。


p.s.
たにへいさん、お見送りのコメントありがとうございます。
おかげさまで無事帰ってまいりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。