スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の単行本購入録

・寺沢大介「食いタン」3巻
・いしいひさいち「大統領の陰謀」
・広江礼威「SHOOKUP」
・小林まこと「1・2の三四郎2(古本)」
・寺沢大介「食いタン」3巻
食いタンはすごく好きだったのに、ミスター味っ子2に座席を取られてしまった。
何でもかんでもとりあえず続編やりましょうという辺り、もう出版社は先を見る余裕がないのかなあ、とため息。
作者もあんなに一生懸命延命活動してたのに。

ただまあ、出版社の立場として考えてみると
・現在のマンガ業界で金銭が動く主な市場は
「なつかしリバイバル系」
「メディアミックス系」
の2種類しかないのだろう。
マニア(だけ)が喜ぶ良質のマンガなどは、商売としてはイマイチ。
つまり大ヒットでなければ静かに続けてもビジネス的には美味しくない、という計算。
これが新人ならゆっくり育てる意味もあるが (サトラレとか…新人ではないか)、
この方はもう大家なので、大ブレイクがなさそうな作品を描く位なら
以前の貯金をパーッと使ってもらったたほうが、雑誌としてはアタリが出る可能性が高い。
今を派手に生き抜く。そういうことですか。
まあ、将来食いタンがドラマなどで大ヒットする可能性は・・・どうだろうなあ、無いとは思わないけど、薄いと踏んだのか。SMAPとか連れてきて、安っぽいドラマにすれば、そこそこ売れると思うよ。編集長。
だから、もう少し食いタン続けてみませんか?
って
あー。…やだやだ、ビジネスって。
俺も変な言い訳っぽい説得の技法を身につけはじめてるなあ。
ドントトラストオーバー30か。
リミットまであとちょっと。

・いしいひさいち「大統領の陰謀」
読んだマンガの重複が多いのが問題ですが、この人にはお金みつがなきゃなあ、と思い購入。
天才は大事にしましょう。
この人の似顔絵、似ている似てないじゃなく説得力がすごいといつも思う。私などは最近、本物がいしいひさいちの似顔絵に似てない場合、本物のほうが悪い気がしてきている。そういや中曽根氏とか、ホント最後まで生臭かったなあ。マンガの通りというかなんというか。

・広江礼威「SHOOKUP」
おもしれえ。
前から、古本屋とかネットとかで探していたのですが、とうとう再販してもらえました。
これが打ち切りというのだから、…おかしい。
打ち切った出版社が悪い。
絶対おもしろい。
今の時代、考証にこだわるSFっぽい話は駄目なのかなあ?
理屈じゃなくて萌えが要るのですか?
やはり、ヘルメスたんの大食い日記が必要だったのか。
↑同人で出たら私も迷わず購入予定。BBSとかファンレターでつぶやいてみようかなあ。

(私の主人公も大食い属性があったのですが・・・、
 読者の無いアマチュアであっても描いてみる立場になると、
 キャラかぶるのってやはり怖いものなのですね。)

ちなみに同作者の「翡翠峡奇譚」は古本屋回りに回って
1巻だけどうにか発掘しました。こちらも再販希望プリーズ。

・小林まこと「1・2の三四郎2」(古本)
最近の「探偵団」が楽しみです。
実家の押入れに以前買ったのがあるのに、古本屋で見かけて衝動買いしてしまった。
今度の話でプロレスでるので参考、とかいいながら、再読。
すげえよなあ。何度読んでも。
アグネス仮面と並んで私の理想的マンガのひとつです。
古本で買わないで、もう一回新刊で買ったほうが作者は喜んだかなあ、とか思ってしまう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。