スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想:マッハ!!!!!!!!、スチームボーイ、のだめカンタビーレ

映画館に行ったら「毎月1日の1000円サービス」ということだったので、「マッハ!!!!!!!!」と「スチームボーイ」を連荘。映画が始まるまで時間があったので前から興味のあったマンガ「のだめカンタービレ」を購入して読む。
なんか映画を最前列で4時間見ると疲れるようになってしまった。・・・歳か?
ま、以下感想。

■マッハ!!!!!!!! (タイ映画)
この作品の主要メッセージは
「ムエタイ最強!あと仏教に罰当たりな奴は死んじゃえ」
というものです、ハイ。ストーリーは以上。

基本的には前半のジャッキーチェン的なアクロバットと、後半のブルースリー的なアクションを見る作品。

あー。あれですね。
8メートルくらいから役者を地べたに落っことすとか、主役に火つけてアクションやらせるとか、そういうのは普通にアリアリなんですね、タイでは。・・・何人か死んでんじゃねえか?

さすがに戦闘シーンは技の一つ一つが重そうに写ってる。
ソーク・クラブとかのムエタイの大技がガンガン出てるのが見もの。
(参考 http://www3.plala.or.jp/shinkirou/skill-k-muetai.html)
>ソーク・クラブ
>この技で敵をK・Oしたなら、賞金が出ると言うほど難易度の高い技。
>攻撃を回避した後に使用することのできる。
>これは肘を使った「反撃技」で、回避と同時に敵に背を向けるように回転、
>敵側面に移動しながら後頭部へと肘を叩き込む。

ただ、ある程度以上技を大げさにすると、どうもカンフーじみてくる。
やっぱ地に足の着いた攻撃がムエタイっぽい。
この役者はスパルタンXみたいに地味に1対1をやったりするといいかと思う。
・・・映画にしにくいけどさ。

あと、ビミョーなカーチェイスもあるけど、その辺は色々ビミョー。
あと、中村獅堂に似た人がたくさん出てきていたような気がする。意外と量産されてんのか?


■スチームボーイ
かって日本で作られたなかで、最もよく出来たディズニーアニメ(の一つ)。
すげえよなー。作画時間かかってるよなー。一箇所も手を抜いたところが無い。
そのあげく10年かかったんだけど・・・。
アメリカで相当売らないと元取れませんよ。

この作品の主要メッセージは、
「金髪の女性は頭が悪い」ということなんでしょうか。
そういうメッセージでいらんコンプレックスを持っている金髪女性の方々いるようすけどね。
あと大友氏らしく
「俺は資本主義が嫌いだ」というメッセージもちゃんと入ってます。

マッドエンジニア一家のお騒がせ騒動記ですが、そういうギャグ話の延長線で人がゴミのように死んで見せたりするシュールさは、相変わらずの大友節と言ったところでしょうか。
そういう意味では、「ラピュタ」的に見ていたけど、ホントは「気分はもう戦争」的に観るのが正しい見方だったのかな?

あと、パイプがうねうねしてませんでした。・・・ちょっとしてたかな?
ジョンウーは鳩を飛ばす。押井守は説教くさい独り言を言う。富野由紀夫は皆殺し。
・・・とまあ、世の中トレードマークってのはあるものですが、「スプリガン」でさえうねうねしてた大友節の代名詞なのにねえ。自粛?


■のだめカンタビーレ
いきなりマンガの話になってますが。
書評を読んでから、読もう読もうと思ってたので、衝動買いして読みました。映画の広告が始まるまで一心不乱に読んでました。

マイペース天才ピアニストの卵に、完全主義者の天才指揮者の蛹が引きずり回される話。
めちゃくちゃおもろい。とうとう電車の中で顔緩ませっぱなしで読み続けたほどです。

「めちゃくちゃな周囲の人間にはさまれて、一人律儀なハンサム主人公がボロボロになる」
というのは、動物のお医者さんとか、百鬼夜行とか、いまや少女漫画の王道テンプレートの一つですね。
このタイプの話は、周りのメチャクチャな人間がちゃんと欠けている場合、ものすごくおもしろい。
逆に、メチャクチャっぷりのステレオタイプさが目立つと一気に褪める。
この話は成功例です。異様にリアルなくせに、非現実的にメチャクチャな性格の人がそろっている。

私もいろいろと、お話の筋とか年中考えてますが・・・、私にはどうも
こういう「ほんっとにマイペースなわがまま人間」ってのが描けない!
と気がつきました。結局人生修行が足りないということなのか・・・。
つうか、俺がマイペースでわがままなだけかも知れんけど。


あと、映画とは関係ないですが、
なんか私の後ろの座席(前から2列目)に笑ってる人がいたんですけど。
いや、映画が始まる前の予告編の段階から。ノンストップでエンドロールまで笑う。
映画の最中も、シーン無関係に笑い続けてる。シリアスシーンでは特に笑う。
なんか白いランニングシャツとポップコーンか何か抱えた、50台後半のすげえくたびれたおじさん。
何回か振り向いて威嚇したんだけど、結局最後まで笑い続けていた。
えーと・・・・。なんか都市伝説の妖怪かなんかだったんでしょうか?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

it was very interesting to read, thank for the information, here are some links

マッハ!!!!!!!!ちょうど昨日観ましたwww面白かった〜w
プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。