スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足音

最近の嫌な記事とか。

「個人尊厳行きすぎて、生徒が殺し合い」 平沼前経産相 http://www.asahi.com/special/sasebo/TKY200406140251.html
「教育基本法では個人の尊厳が強調されている。日教組の教育とあいまって、個人の尊厳が行き過ぎて教室破壊が起こり、生徒同士が殺し合いをする荒廃した状況になってきている」と述べた。

翻訳すると、
「教育勅語さえあれば、バトルロワイヤルなんて起こらなかったのに!」
ということらしい。
VRを憎んで、畳の部屋があれば、日本の教育はうまくいく、という説がありましたなあ・・・。
あー短絡的というか、分かりやすい意見が必要とされる世の中というか、さすがは政治家さんところのパーチだ、というところか。
まあ、確かにこの国では、個人に尊厳なんかあっちゃいけないのかもしれない。



自衛隊「指揮権は日本に」 多国籍軍参加で首相が見解
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/seiji/20040614/K0014201910038.html
 国連安保理決議1546は、多国籍軍の指揮について「unified command」の下に置かれるとし、一般に「統一された指揮」と訳されてきた。この点について政府高官は14日夕、「日本語では『統合された司令部』であり、指揮権を表すものではない」と語った。政府としては、多国籍軍に参加することが直ちに司令官の指揮下に入ることを意味しない――という根拠の一つとして、この訳を採用する方針とみられる。

ううむ。翻訳ってすごいのう。何でもアリや。

なんか、多国籍軍参加の上に
「日本の指揮権で、他国に進入していきます」
って話に摩り替わっているけど、そのほうがまずいんじゃなったのか?
・・・これだけで満州事変くらいなら起せることになるぞ。

自衛隊も昔は日本は陸海空軍を持っちゃいけないので軍隊じゃなかったのだけど、
Japanese Armyは現にあるから軍隊を持ってもいいことになりそうな雰囲気だ。



君が代歌わないと、先生はクビになる時代。
「日の丸・君が代強制 広がる波紋」
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20040505/mng_____tokuho__000.shtml

『ナチスが共産主義者を攻撃したとき、自分は少し不安だったが、
とにかく自分は共産主義者でなかった。だから何も行動しなかった。
次にナチスは社会主義者を攻撃した。自分はさらに不安を感じたが、
社会主義者ではなかったから何も行動に出なかった。
ナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、そのたびに不安は増したが、
それでもなお行動に出ることはなかった。
それからナチスは教会を攻撃した。自分は牧師だった。
だからたって行動に出たが、そのときはすでに遅かった』

類似:柳川鍋
http://www.shishiclub.co.jp/uenoya/yakuzen_dojou.html
ドジョウの習性を利用して鍋の中に生のドジョウと豆腐を入れ、
煮ていくと熱くなりドジョウは冷たい豆腐の中に頭から突っ込む。
火を熱し続けると、豆腐も熱くなり煮えて、中に入ったままの
ドジョウも煮えてしまうという鍋が「ドジョウ地獄」である



まあ、ウチの会社でも、大の大人達がいい年こいて、
若者ども集めて二週に一回、軍隊ゴッコを嬉々としてやっておりますです。
回れ右とか、右向け右とか、右へならえとか。

数年前、ぶち切れて軍隊ゴッコの組織にケンカ売ったりした僕。
おとなげないよなあ。

組織の人は皆、人情味ある理解を示した上で、キミの将来に関わるからと
留まるように勧めてくれました。なんともやさしく真綿で首を絞めるように。
おとなだ。

まあ、僕ガキなんで、ドジョウ嫌やねんと、我儘通してやめちゃいましたが。



そんなこんなあって「国益」という聖なる言葉を聞くと、
イエモンのJamみたいな気分になる今日この頃

「乗客に日本人はいませんでした(いませんでした)(いませんでした)」

この曲好きだったんだけど、このくだりだけは、
安っぽいアンチジャーナリスムみたいで、イマイチ嫌いだったんだけど、ねえ。

当時は、こんなに一気に国益愛好家が増えるとは思わなかったんだもんよ。
僕も、もっと貪欲に他人から色んなものを搾り取る性格にならないと
生かしておいてもらえなくなるのかなあ。

「みんなでしあわせになろうよ」が僕の信条だったからなあ。
・・・甘すぎるのか。Creative Commonsとか言ってる時点ですでに。



あと、ついでに一つだけ。
「アメリカの支配から脱して、アジアの中で協調してくためには、
アメリカに防衛を頼るわけに行かないので
軍隊を自前で持つ必要があるんだ!」
という意見言う人々、矛盾があるのに気づいていないのか?

長期的に見ると、アジアで一番危険な国は、北朝鮮じゃなくて日本だぞ。
過去の実績から見ても、パワーバランスから見ても。

EUの本質が「ドイツの暴走をいかに押さえ込むか」の体制である、ってのは有名な説。(e.g「.ネオコンの論理」)
( 実際、ドイツは軍備の話するときも、長年の犬猿の仲のフランスと話すときにも、 「自分が暴走しないこと」に恐ろしく気を使って、愛想笑いを絶やさないようにしている。 その態度を「自虐史観」という人もいるのだろうが、あの国の指導者が自分の国を信頼していないのは賢明だ、と僕は思う。)

同様に、今後の「東アジア」が連携をとることがありうるのだとすると、
それは、「いかに日本を暴走させないか」を目指すためのグループにならざるを得ない。

「軍隊を自前で調達して、自信付いたので、アメリカと喧嘩別れしました」
って言われたって、メルトダウン寸前としか聞こえねえってばさ。



軍隊を持とうが持つまいが、アメリカと日本はジャイアンとスネオだろう。

体鍛えたら、スネオがご近所(アジア)のプチジャイアンになれるかっていうと、
・・・多分それは無理だろう。

中国を新しいジャイアンにして、新型スネオを目標とするか。
多分それも難しい。

所詮、日本は「名誉白人」になりたいのであって、
日本の自尊心は「ワンオブ亜細亜」の地位にはきっと耐えられない。
せいぜい「亜細亜の盟主」兼「名誉白人」が目標。
・・・傲慢な。
そんな奴が近所に住んでても、僕は御友達になりたくないだろう。
結局、石原氏が「五族協和」とか叫んでいた頃と事態はあんまり変わらんのだね。

なんだかんだ言って、アメリカは「比較的よいジャイアン」だったのだ。こんなにいいジャイアンは、今後見つかるまい。とはいえ、時代の新章「ジャイアン激闘編」が始まろうとしている現在、物語の筋が代わった後でも、このジャイアンがスネオにいつまで価値を見出してくれるかは疑問。

まあ現実主義としての僕のお薦めは
「アジアの引きこもり、オタク大国日本」を目標に・・・
・・・愛国心溢れる方々は、絶対、誰も賛成してくれなさそうだが。
でも、これ、一番実現の目処がある安定解ですよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。