スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MATRIXのアレ

えーどうでもいいことですが

前から言いたかったのですが、MATRIXという映画。
ブームも過ぎて、DVDも出て、いまさらな話題ですがあの映画、いろいろ言いたいことがあったのですが、なんかうだうだしてたら書くタイミングを逃してしまった。

とりあえず戸田奈津子センセイ、
あの「救世主」っていう訳はちょっと違うと思います。
「The One」なんだから、「アレ」と訳すべきなのでは。

「ほら見ろ、あいつはアレだ」
「私は君がアレだと信じている」
「貴方は紛れも無くアレよ」

ほら、なんか、主人公がちょっとかわいそうな感じになってきたでしょ。

必死に抗弁するのも仕方ない。
「すまないが、俺はアレじゃない
「君がどう思うかは重要じゃない。私は君がアレだと信じている

・・・否定させてやれよ。
まあ、「何なんだ!俺は!」とか悩んでみたりして、
街角の叔母さんに手相見てもらったりクッキー貰ったりするのも仕方ない。

でも、なんか皆にちやほやされているうちに、
自分がアレなんじゃないかという気がしてくる。
なんかアレってすごいかもしれないし。世界で唯一無二のアレ。
一話の最後で、もう俺アレでいいや、と開き直ったわけで。

そしたら再装填編で、ヒゲのおじさんに
アレなんて別に珍しくないよ。君だけじゃない」とか説教されるし。

・・・「精神病はきみだけじゃない」という宗教勧誘のチラシもあったけど、
「君はれっきとした量産型だ」ってのも、とても慰めにならない慰めです。
「俺も若い頃は悩んだもんさ」というオヤジの説教くらい慰めにならない。

んで、
俺はそいつらとは違うんだ!
なぜなら俺の魂にはラブアンドピースが燃え盛っているのさ!
と叫んでみたは良いけれど、
革命編では、もう自己誇大妄想と、俺悲劇の英雄妄想が暴走して
アレ=キリスト=ナウシカだかなんだか、
壮大な悲劇になりかけてみたけれど、
当然観客は作者の感激について来なくて見事こけてしまった。
というのがマトリクス三部作の骨格。

・・・やっぱ「アレ」で良いんじゃないかなあ。
所詮はオタッキーなサイバーテロリストのお話なんだし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 再装填篇の後半から色々とツッコミどころが増大していき、革命篇では作り手の自己満足、或いは息(予算?)切れな感じがありましたが…SWの様に「神話のない国に神話を」ってわけでもなさそーでしたし、国譲りってわけでもなかったですし…矢張りサイバーテロリストのお話なんでしょーか!?コレ
 

どうもです。ご無沙汰しとります。
関係ない人の死者にまったく気を留めていないあたり、かなーり悪質のテロリストであることは間違いないです。テロリストってのは、大抵ハッピーエンドを考えることなしに行動しますので、どうもハッピーにはならない・・・。
あと、革命編が自己満足モードになってしまったのは、監督のインテリ崩れっぷりが、悪いほうに毒として回ってしまったんでしょうねえ。インテリ志望の監督に言い訳させると、ろくなことにならないのは洋の東西を問わないようです。
そういやSWのジョージルーカスさんの物語には、ちょっと宗教入っている(最後の聖戦とか顕著)ことはあんまり皆さん指摘しませんのう。
カルト監督の末路は、宗教に行くか、言い訳インテリに走るか、なんすかねえ。
あ、生涯一オタク、っていう豪傑も多いか。
プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。