スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強とオタク

“Engagement”Appleの新しい教育・出版戦略
最近、「楽しいことが重要」論が、とっても盛ん。

僕は、僕個人としては、学校の時代から「面白いと思うことだけやる」という方針で生きてきた。まあ、たまたま理系文系芸術系、つまり体育会計以外の全ジャンルが個人的に面白かった。だからまあ、学校の成績は良かった。
そういう人間なので、こういう「面白い教育」という流れをどうこう言う権利はない。権利はないのだが、ちょっとこれってどうだろうなあ、とも思う部分もある。
・・・自分の人生を鑑みると。

日本語の「勉強」という言葉は、もともと「嫌なことをがまんしてやる」という意味らしい。
そういう意味からすると、僕とかは、勉強しないで生きてきたことになる。単にいろんなことがオタク的に好きだから、オタク的に詳しいだけのことだ。
一方、学校の授業が嫌いで嫌いで仕方なかった人間が、受験をして大学入学試験をクリアするのは、まさに「勉強」だ。こういう人は、「嫌なことをこなす方法」を知っている。
一方、僕は、「与えられた内容をやりたいと感じるコンディション」を作るのに時間がかかる。うまくハマれば強いが、ハマらないと厄介なことになる。

では、社会でどっちが強いかと言われると、微妙。
ストレスのかからないアイデアのブレストみたいなジャンルにでは、僕は結構強い。
でも、単純作業を延々とやらされるようなストレスには弱い。それは「勉強」してこなかったからだろう。だから今日も締め切りぎりぎりで論文書いているわけで。

「楽しい学習」では、そういったストレス耐性の低い人間が増えるだろうとは思う。一億総ラテン系化だ。・・・いや、オタク化の方が正しい言い方か。

歓迎(Engage)されていない状況でもしぶとく生きていく力、嫌なことを淡々とこなす力ってのは、すくなくとも一般的に見たら、知識よりも大事じゃないかなあ、と思う。

ちなみに僕は、ストレス耐性が足りず、注意力散漫な弱点の分を、愛想笑いで埋め合わせる戦略で生きている。これはこれで綱渡りだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。