スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めだかを巡るエトセトラ

たまには、何か「くだらないこと」を書こうと思った。
「くだらないこと」は大事だ。ヒジョウに大事だ。すべての創造性は「くだらない寄り道」から始まる。

というわけで、ジャンプの「めだかボックス」について書いてみる。
というのも、前々から西尾維新について書こうと思っていたのだ。

めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)
暁月 あきら 西尾 維新

集英社 2009-10-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


めだかボックスは、ラノベの帝王西尾維新が維新ワールドの間口を広げるための施策だ。
また一方、ジャンプは西尾氏が崇拝する荒木ワールドの母体である。
つまり初心者用の導入編である一方で、最終形態。量産型ゲルググの用なものだ。

というわけで、西尾論を語ろうと思っている以上は、個々から始めなければなるまい。
なお、最近はアニメになっているらしいが、残念ながら見れていないのですまん。

回文とめだか


さて本題。
なぜ、あのマンガのタイトルは「めだか」なのだろうか?

前から有りそうだと思っている仮説:
MEDACAはACADEMYの逆読みなんじゃないか。

西尾維新は、よく逆読み回文をする。そもそもNISIOISINというペンネームもアルファベットにしたら回文になるという理由で作られたらしい。

ACADEMY.MEDACA なら回文になる。
つまり、あれは「めだかの学校」だ。


めだかの学校は 川のなか
そっとのぞいて みてごらん
そっとのぞいて みてごらん
みんなで おゆうぎ しているよ

めだかの学校の めだかたち
だれが生徒か 先生か
だれが生徒か 先生か
みんなで げんきに あそんでる

めだかの学校は うれしそう
水にながれて つーいつい
水にながれて つーいつい
みんなが そろって つーいつい



めだかは「水槽学園」から「箱庭学園」に移され、「フラスコ計画」の中で培養されようとしている。
西尾維新の主要テーマは天才論。だが、曽田正人のように「野生の天才」の話を書く訳ではない。
実験室の籠の檻の中にいる「観察される実験体」「消費される天才」というテーマを描くことが多い。

どんなに天才たちが大げさな闘争をしても、所詮は「みんなでおゆうぎ」している「めだかの学校」でしかない。それが西尾維新の視点「メタレベルから見た少年ジャンプ」なのだろう

アンサイクロペディア版・めだかの学校



ちなみに、現在Googleで「めだかの学校」を引くと、こんなものがでてくる。

アンサイクロペディア:めだかの学校


めだかの学校(-がっこう)とは、イギリスのイングランド地方の詩である“A Tiddlers School ”を茶木滋(ちゃきしげる)が「めだかの詩」だと勘違いして和訳してしまい、中田喜直が曲をつけた日本の童謡である。1951年3月、NHKのラジオ番組「幼児の時間」のコーナー「歌のおけいこ」で発表された。

原詩の作者は「キーツの晩年の作品」という説や「ノヴァーリスがイングランド旅行中に英語の勉強として書いた」など諸説あるが、未だに「詠み人知らず」ということになっている。

A Tiddlers School

A tiddlers school is in the river.
Look it gently not to make them scared.
See how they're playing all together.

A tiddlers school has lots of members.
Which is which, pupils and teachers.
See their play is filled with vigor.

A tiddlers school is in the pleasure.
They are swimming in the flowing waters.
All are drifting without any pressures.



おお、すげえ。もっともらしい。
が、これはアンサイクロペディアの記事。ということは言うまでもなくジョークサイトだ。

正直言うと僕も一瞬信じかけた。
A Tiddlers School で引いてみると、多くの人が盛大に引っかかって本気で信じているようだ。
しかし、英語で引いてみても、このサイトしか出てこないので、まあ、明らかに創作だ。

しらべてみると、ギャグの品質議論をまじめにしている。
トーク:めだかの学校

で、個人的には「めだかボックス」と、この法螺話の関係も気になっている。
西尾維新の「めだかボックス」のタイトルは、ことによるとこのジョークから取ったのかもと疑った。

だが、このサイトがアンサイクロペディアに載ったのは2009年の5〜6月のことらしい。
一方、めだかボックスのプロトタイプ読み切り版は2009年の10号。ということは2月ごろか。

そうしてみると、めだかボックスの方がネタとして先ということになる。
時期的に近いことを見ると、めだかボックスを見た後で作ったネタなのかもしれない。
まあ、推測の域を出ないんですがねえ。

始める前に終わる天才論



さて、枕話も終わり、西尾維新の「中二病的天才論」という本題に移ろうと思ったのだが・・・、
あれ?枕話が長過ぎた?

まあ次回にということで。

くだらない話を始める前に終わってしまった。
なんて、くだらないのだ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

徳川吉宗が設置した「目安箱」をもじって
主人公が、上から目線で解決するから「目高箱」
「めだかボックス」なのかと思ってましたが、
結構ひねって考察されてますね。

面白いと思います。

プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。