スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生産性が嫌いなブログ

なんというか、最近ブログが書けない。
なぜ最近の僕が文章を書けないかについて、20分ほどうだうだ考えて書いてみる。



まあ、もちろん時間がないというのが一番大きいんですが、どうも質的な問題もありそうだ。
目にするブログというのが、数年間でずいぶん様変わりしてしまった。

昔のブログというのは「ひねくれたことを言うオタクたち」がうだうだと長い文章を並べるところだった。
・・・と思う。

最近のブログ流行はどうも「役に立ちそうな内容を手短にまとめたメモ書き集」になってしまっているようだ。
Life Hackとか、仕事に役立つとか、料理に役立つとか、そんな情報をまとめているもの。一番典型的な奴は、薄めのビジネス本(新書)に書かれている目次内容を、さらに箇条書きにしたもの。

うん。そういうの、役に立つよね、と思う。
いや、役に立たないかもしれないけど、ついつい読みやすい。
僕もふらふらとネットサーフィンをすると、そういう類に引っかかりやすい。
ひょっとして役に立ったら、捨てておくのもったいないとおもってしまう。

別に、そんな文章を書かなきゃいけないと決まっている訳ではないのだけれど、どうもそういう文書が増えてきて、やりにくくなった気がする。

僕の考えと文章は、基本的に戯れ言。
何の役にも立たないし、目的も結論もない。
もともと、そういうものだった。
たまたま役に立つことがあるかもしれないけれど、それはたまたま。

そういうものだったのだ。



多分、科学というのも、もともとそう言うものだった。
役に立つために存在するのではなく、なんとなく気になることをウダウダという議論。
だからこそ、もともと「哲学」に分類されていたのだ。

湯川秀樹と梅棹忠夫の討論集の言葉を使うと

まあいうたら、学問は人類の勲章みたいなものですな。
ぶらさげてみても、いわゆる実用的な意味は何もあらへん。ただの飾りですわ。
勲章で栓抜き兼用の勲章なんかあらへん。これでビールの栓が抜けます、というような勲章は、あかんのです。
(「人間にとって科学とは何か」p.369)





しかし、いまでは科学という奴も、すっかり栓抜きになった。
嫌な言葉だが「生産性」という奴だ。

何かの役に立たなきゃいけない、という空気。研究でも、そういうのを問われる。結局何の役に立って、いくらになるのか。そんな作文がついていないと、レポートとして成立しない。

とはいえ、世の中の「生産性」というのは、大半は作文であって、本当に役に立つわけでもない。
先のまとまったメモ集などもそう。冷静に考えれば、どこかで使いそうだと期待して、Evernoteあたりにリンクをブックマークするものの、それきり忘れて永遠に使わない種類の情報だ。

ところが、本当には役に立たないことが分かっていたとしても、無視しにくい。これが、ポイントだろう。

まわりが生産性生産性とお経を唱えている中では、せめて「役に立っている振りをしないと、話に乗れない気がしてしまう。そこで、どんな人も「私はこんなに役に立っている」のような蛇足作文を継ぎ足すことが要求されるようになる。その蛇足作文をまとめて引用し、リンクが張られた作文を書く人が現れて人気を博す。



そうすると、しだいに作文のための作文が生まれる。

この結果生まれるのが「官僚主義」というシステムだ。残念なことだが、「現代的なビジネス」の8割くらいは、この官僚作文の周りをうろうろとして、引用作文とパワーポイントを作り続ける作業だろう。

だから、研究者に「お金になりそうな作文」をかかせると、ひどいことになる。

計算機屋の用語で言うならば、ポインター変数だけが山のように増え、インスタンスがない、という奴になりやすい。バズワードを追いかけていくと、実体までたどり着けずにうろうろ回ることになる。
まあ、なんのバズワードがどうとか、そういう野暮なことは言いませんよ。自分の首が絞まるし。



ええと、何の話だっけ?
まあ、要するにあれか。
「役に立つ思索」が嫌いなのに、役に立つフリをさせられているせいで、なんだか頭が鈍ってきた、と。
まあ、そんなところなのかなあ。

今回、一つ学んだ。
不平不満を並べると、文章は早く進むようだ。まとまりも生産性も無いけどな。 orz
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この手のブログは意味を求めたら負けです。

私は気になって読んでみると、焼き直しが多くみかけるようになってきて
がっかりすることが多くなりました。

まあ、この手の話題を知っておくことは時間的なレバレッジが効くので
見逃すと損をするような気がするんですよね
(最初の頃はへー、とか感心していた分、無視できなくなっているということが云々。
そのおかげで普遍的な人気を集めることができるわけで。

その一方で3toheiさんみたいに”俺はこー思う”的なブログも割と見かけますよ。
ただどうしても好みが出る分、偏るとは思いますけど。

ええと、何を書こうとしたんだっけ?
まあ、要するにあれですよ。
「あの手」の記事が嫌いなってきた最近で、同志を見つけたような気がして、ついコメントしてしまった、と。多分そんなかんじです。

まとまりも、何を伝えたいのかもよくわかりませんけど

P.S.
生産性がないところに意味を見出そうとするところが面白いとは思いませんか?

二次元も悪くないけど・・・

34K6YYeh
二次元も悪くはないんだけど・・・
やっぱ、三次元っしょ
http://7411xpz1.www.ma3ji.mobi/7411xpz1/
プロフィール

3tohei

Author:3tohei
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。